FC2ブログ

牛原虚彦作品目録 : 大正9年(1920年)~昭和38年(1963年)

大正9年(1920年)/松竹蒲田撮影所

「温泉の一夜」

監督 賀古残夢
脚本 牛原虚彦
出演 五味国太郎、池田華栄、静香八千代、鈴木歌子



「悪魔の崖」

監督 賀古残夢
脚本 牛原虚彦
出演 三村千代  岩田祐吉 勝見庸太郎 鈴木歌子



「黒き潮」

監督 賀古残夢
脚本 牛原虚彦
出演 五味国太郎 大山武 三村千代子 花川環



「死の仮面」

監督 賀古残夢
脚本 牛原虚彦
出演 月岡一樹 鈴木歌子 勝見庸太郎 静香八千代



「渦巻く潮」

監督 賀古残夢
脚本 牛原虚彦
出演 五味国太郎 勝見庸太郎 三村千代子 静香八千代


(以上作品の封切は大正10年)



大正10年(1921年)/松竹キネマ研究所第一回作品

「路上の霊魂」

総監督 小山内薫
監督 村田実
脚本 牛原虚彦
撮影 水谷文次郎・小田浜太郎
出演 小山内薫 東郷是也(鈴木伝明) 沢村春子 蔦村繁(蔦見丈夫) 南光明 英百合子 東栄子 伊達竜子 茂原熊彦(牛原虚彦) 村田実 岡田宗太郎


(4月8日 赤坂第一松竹館 8巻)



大正10年(1921年)/松竹キネマ研究所第二回作品

「山暮るる」 (牛原虚彦第一回監督作品)

監督 牛原虚彦
脚本 北村小松
撮影 小田浜太郎
出演 南光明 山田とし 根津新 磯野秋雄 沢村春子 春野恵美奈 東栄子 東屋三郎 岡田宗太郎

(7月1日 赤坂第一松竹館 6巻)



大正10年(1921年)/ 松竹蒲田撮影所

「断崖」

監督 牛原虚彦
原作 徳田秋声(朝日新聞連載)
撮影 野村 昊
出演 関根達発 諸口十九 五味国男 川田芳  鈴木歌子

(9月1日 赤坂第一松竹館 6巻)



「呪いの金鉱」

監督 牛原虚彦
原作 中尾鶯夢
脚色 伊藤大輔
撮影 野村 昊
出演 諸口十九 五味国男 五月信子 三村千代子

(9月1日 麻布第二松竹館5巻)



「生存のために」

監督 牛原虚彦
原作 簡易保険局
脚色 牛原虚彦
撮影 野村 昊
出演 沢村春  岡田宗太郎




「山へ帰る」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 水谷丈二郎
出演 諸口十九 栗島すみ子 三村千代子 押本映二

(9月22日赤坂松竹館 5巻)



「剣舞の娘」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 水谷丈二郎
出演 諸口十  栗島すみ子 三村千代子 遠山緑 押本映二

(10月14日赤坂松竹館)



「狂へる剣技」(無字幕映画)

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 正邦宏 三村千代子  岡田宗太郎

(神田明治会館にて特別公開 5巻)



「母いずこ」

監督 牛原虚彦
脚色 伊藤大輔
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 花川環 五味国男 南光明 押本映二 岡田宗太郎 三村千代子

(1月10日 浅草松竹館・金春館 6巻)



「毀れた巣」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 小田浜太郎
出演 諸口十九 正邦宏 三村千代子  南光明

(12月20日 浅草松竹館 6巻)



「二つの魂」

監督 牛原虚彦
原作 金子洋文
脚色 牛原虚彦
撮影 桑原 昴
出演 三村千代子 英百合子

(1月20日 麻布四の橋南座 3巻)



大正11年(1922年)

「廿世紀膝栗毛」

監督 脚本 牛原虚彦
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 沢村春子

(浅草松竹館 4巻)



「橘大隊長」

監督 脚本 牛原虚彦
撮影 桑原 昴
出演 東儀鉄笛 勝見庸太郎 岡本五郎 三村千代子

(3月1日 浅草大勝館 4巻)



「孝女よし子」

監督 脚本 牛原虚彦
撮影 桑原 昴
出演 鈴木歌子 三村千代子

(5月1日 浅草大勝館)



「若き人々」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 北村小松
撮影 小田浜太郎
出演 岡本五郎 勝見庸太郎 正邦宏 三村千代子

(7月21日 浅草松竹館 7巻)



「流れの涯」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 小田喬
撮影 野村 昊
出演 三村千代子 勝見庸太郎 久保田久雄 正邦宏

(7月28日 浅草大勝館5巻)



「想出の唄」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 桑原 昴
出演 勝見庸太郎 正邦宏 河村黎吉 三村千代子 志賀靖郎

(8月1日 浅草松竹館 5巻)



「姉妹」

監督 原作 脚本 牛原虚彦
撮影 桑原 昴
出演 英百合子 三村千代子 吉田豊作

(8月8日 浅草大勝館 4巻)



「新しき生へ」

監督 牛原虚彦
原作 井手詞六(朝日新聞懸賞当選作)
脚色 芦辺草人(小田喬)
撮影 野村 昊
出演 勝見庸太郎 関根達発 五月信子 三村千代子

(8月31日 浅草松竹館 6巻)



「生霊死霊」

監督 脚本 牛原虚彦
撮影 碧川道夫
出演 岡本五郎 三村千代子 志賀靖郎 高山晃

(9月21日 浅草松竹館 5巻)



「傷める小鳥」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 伊藤大輔
撮影 碧川道夫
出演 伊藤淳兆 関根達発 三村千代子 花川環 児島三郎 三浦しげ子

(11月10日 浅草大勝館 6巻)



「噫無情」

監督 牛原虚彦
原作 ユーゴー
脚色 伊藤大輔
撮影 小田浜太郎
出演 井上正夫 栗島すみ子 正邦宏 吉田豊作 磯野秋雄 武田春郎 堀川浪之助

(大正12年4月1日 浅草松竹館 7巻)



大正12年(1923年)

「無花果」の撮影初日は9月1日。

以下「虚彦映画譜50年」より抜粋。

私が「無花果」の撮影初日のために出社したのは9月1日、小雨の朝だった。場面は監獄の女囚檻で、数画面とったばかりの11時59分、いきなりグラグラっと来た。瞬間、埋め立て地の蒲田の地面は、大きく裂け、私たちは立っていることもできなかった。目の前で煉瓦建のフィルム倉庫が、俳優部屋が、大音響とともに倒壊する。あっちもこっちも亀裂を生じた大地から泥水が噴出する。撮影所内はたちまちにして阿鼻叫喚。一番困ったのは、女囚檻の撮影だったため、女優全員が柿色の獄衣の扮装をしていたこと、俳優部屋が倒壊したため、女優達が着換えできなかったことである・・・・・。


「狼の群」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 野村芳亭
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 柳咲子 河村黎吉 三村千代子

(3月1日 浅草松竹館 6巻)



「温き涙」

監督 牛原虚彦
脚色 武田晃
撮影 茂原英雄 佐々木太郎
出演 武田春郎 三村千代子 岡田宗太郎 志賀靖郎

(5月1日 浅草大勝館 4巻)



「人性の愛」

監督 原作 脚本 牛原虚彦
撮影 野村昊
出演 岩田祐吉 三村千代子 梅村蓉子 花川環 河村黎吉 岡本五郎

(6月1日 浅草松竹館 10巻)



「大東京の丑満時」

監督 牛原虚彦
脚色 石川白鳥
撮影 碧川道夫
出演 正邦宏 林千蔵 柳咲子

(6月15日 浅草松竹館)



「大地は怒る」

監督 牛原虚彦
原作 野村芳亭
脚色 武田晃
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 野寺正一 河村黎吉 川田芳子 奈良真養 米津信子

(10月10日大阪朝日座 7巻)



「南の漁村」

監督 牛原虚彦
脚色 小田喬
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 河村黎吉 柳咲子 野寺正一 武田春郎

(10月27日 大阪朝日座 6巻)



「夜の笑」

監督 牛原虚彦
脚色 武田晃
撮影 小田浜太郎
出演 勝見庸太郎 五月信子 堀川浪之助 東栄子

(11月29日 浅草松竹館 6巻)



大正13年(1924年)

「子供の世界」

監督 原作 脚色 牛原虚彦
撮影 野村昊 碧川道夫
*1.ある少年の話 2.ある盗賊の話 3.ある少女の話 4.あるクリスマスの話
出演 (第一話)小川国松 野寺正一 三村千代子 (第二話)米津左喜子 武田春郎 (第三話)高尾光子 志賀靖郎 (第四話)英百合子 岡島艶子

(2月22日 浅草電気館 8巻)



「無果花」
(関東大震災で一時中止。蒲田復帰後完成)

監督 脚色 牛原虚彦
原作 中村吉蔵
撮影 野村昊 碧川道夫 酒井健三
出演 岩田祐吉 五月信子 高尾光子 久保田久雄

(4月11日 浅草電気館 8巻)




「感じの好い映画集」
(チューリップ、帽子、芋、星、闇、渚、猫の七編の短編集のうち)

「チューリップ」
監督 原作 脚色 牛原虚彦
撮影 酒井健三
出演 高尾光子 久保田久雄

「星」
監督 原作 脚色 牛原虚彦
撮影 酒井健三
出演 岩田祐吉

(4月13日 浅草電気館 全13巻)



「黒川博士」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 岩田祐吉
撮影 酒井健三
出演 岩田祐吉 林千蔵 英百合子 飯田蝶子 小林十九二

(5月11日 浅草電気館 全7巻)



「詩人と運動家」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 村岡義雄
撮影 酒井健三
出演 勝見庸太郎 岩田祐吉 新井淳 三村千代子

(7月1日 赤坂帝国館 8巻)



「二人の母」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 小田喬
撮影 酒井健三
出演 三村千代子 高山晃 二葉かほる 飯田蝶子 林千蔵

(8月1日 浅草電気館 6巻)



「坊やの復讐」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 城戸四郎
撮影 酒井健三
出演 児島三郎 飯田蝶子 新井淳 花村千恵松 小藤田正一

(9月2日 浅草電気館 4巻)



「牛は牛づれ」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 半田晴雄
撮影 酒井健三
出演 奈良真養 三村千代子 児島三郎

(9月11日 浅草電気館 6巻)



「鈴蘭」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 吉田武三
撮影 水谷丈二郎
出演 岡島艶子 秋田伸一 新井淳

(10月1日 浅草電気館 5巻)



「闇の五本松」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 落合落合浪雄
撮影 水谷丈二郎
出演 梅村蓉子 押本映二 東栄子

(10月16日 浅草電気館 5巻)



「漂泊の琵琶師」

監督 脚色 牛原虚彦
撮影 水谷丈二郎
出演 新井淳 三村千代子

(11月11日 浅草電気館 6巻)



「指輪」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 鈴木重吉
撮影 水谷丈二郎
出演 押本映二 岡田宗太郎 林千蔵

(12月5日 浅草電気館 6巻)



大正14年(1925年)
1月~3月、上海にわたり日支(日中)共同作品を計画、実現に至らず


「懐かしの蒲田」 (大正14年正月顔見世作品)

監督 牛原虚彦
脚本 鈴木重吉
撮影 水谷丈二郎
出演 土屋四郎(詩朗) 英百合子 蒲田俳優陣総出演

(1月5日 浅草電気館 7巻)



「大地は微笑む」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 吉田百助
撮影 水谷丈二郎
* 朝日新聞懸賞当選作で日活、東亜と競作、全三篇、部分的に島津保次郎監督応援
出演 井上正夫 栗島すみ子 藤野秀夫 英百合子 岡田宗太郎 奈良真養 高山晃

(1/4月10日、2,3/4月17日 大阪朝日会館 20巻)



「恋の選手」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 東栄子 武田春郎 佐々木清野 吉田豊作

(6月20日 浅草電気館 7巻)



「恋の栄冠」

監督 原作 脚色 牛原虚彦
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 武田春郎 英百合子 押本映二

(8月27日 歌舞伎座 6巻)



「象牙の塔」

監督 脚色 牛原虚彦
原作 美濃部長行
撮影 水谷丈二郎
*1.ある夏の夜の夢 2.失われた宝石 3.黒猫魔術団(オムニバス作品)
出演 1.鈴木伝明 英百合子 島田嘉七 2.岡田宗太郎 押本映二 林千蔵 3.高山晃

(9月18日 浅草電気館 10巻)



「豊情歌」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 小田喬
撮影 水谷丈二郎
出演 岩田祐吉 栗島すみ子 河村黎吉 島田嘉七 二葉かほる

(9月26日 歌舞伎座 8巻)



「潜水王」

監督 原作 脚色 牛原虚彦
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 林千蔵 東栄子 岡田宗太郎 土屋四郎

(10月30日 浅草電気館 8巻)



「征服者」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎
撮影 水谷丈二郎
出演 岩田祐吉 川田芳子 島田嘉七 糸川京子 小藤田正一 星光

(12月1日 浅草電気館 8巻)



「乃木将軍」

監督 脚色 牛原虚彦
撮影 水谷丈二郎
出演 岩田祐吉 押本映二 吉村秀也 日守新一 石山竜嗣 戸田弁流 若林広雄
*「西南役」、「日露戦争」、「晩年と殉死」の三部作

(12月31日 浅草電気館 10巻)



大正15年(1926年)
1月、渡米。アメリカ・ハリウッド/チャップリン撮影所にて映画、演出研究、8月、帰国

「受難華」
"牛原虚彦 帰朝第一回監督作品"

監督 牛原虚彦
原作 菊池寛 (『婦世界』連載)
脚色 小田喬
撮影 水谷丈二郎
出演 栗島すみ子 鈴木伝明 筑波雪子 松井千枝子 三田英児 島田嘉七 渡辺篤

(12月12日 浅草松竹館 18巻)



昭和2年(1927年)

「昭和時代」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 小林 正
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 柏美枝 岡田宗太郎

(4月15日 浅草電気館 12巻)



「村の人気者」

監督 脚色 牛原虚彦
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 竜田静枝

(7月15日 浅草電気館 6巻)



「海浜の女王」

監督 牛原虚彦
原作 津久秋良
脚色 小林正
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 柏美枝 押本映二  横尾泥海男 吉谷久雄 小林十九二 吉川満子

(9月30日 浅草電気館 6巻)



昭和3年(1928年)

「近代武者修行」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村岡義雄
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 河村黎吉 押本映二 横尾泥海男 吉谷久雄 小林十九二 

(1月4日 浅草電気館 7巻)



「感激時代」

監督 牛原虚彦
原作 畑耕一
脚色 吉田百助
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明  田中絹代 三田英児 松井千枝子 斎藤達雄 小林十九二 

(3月1日 浅草電気館 7巻)



「彼と東京」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 北村小松
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 八雲恵美子 鈴木歌子 水島亮太郎 坂本武  斎藤達雄 小林十九二 

(5月12日 浅草電気館 9巻)



「彼と田園」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 北村小松
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 坂本武  斎藤達雄 小林十九二 小藤田正一

(8月24日 浅草電気館 6巻)



「陸の王者」

監督 牛原虚彦
原作 畑耕一
脚色 野田高梧
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 八雲恵美子 田中絹代 結城一郎 小林十九二 横尾泥海男

(11月10日 浅草電気館 10巻)



昭和4年(1929年)

「彼と人生」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 北村小松
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 藤野秀夫 河村黎吉 坂本武  小林十九二

(1月12日 歌舞伎座 12巻)



「大都会労働篇」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 小田喬
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 藤野秀夫 田中絹代 新井淳 横尾泥海男 小村新一郎

(5月18日 浅草電気館 10巻)

★「大都会労働篇」 発声版(イースト・フォン・スタディオ・サウンド) 1930年5月 全松竹座チェーン一斉公開
・5月1日  浅草松竹座 新宿松竹座
・5月8日  大阪松竹座 京都松竹座
・5月15日  神戸松竹座 名古屋松竹座




「山の凱歌」

監督 牛原虚彦
原作 菊池緑子
脚色 小田喬
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 藤野秀夫 水島亮太郎 武田春郎

(9月13日 浅草電気館 8巻)



昭和5年(1930年)

「進軍」(松竹創立10周年記念映画)

監督 牛原虚彦
原作 ジェームス・ボイド
脚色 野田高梧
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 高田稔 藤野秀夫 押本映二 鈴木歌子 ほか蒲田撮影所俳優総出演

※「第27回ボン国際無声映画祭」において、2011年8月17日に上映。

(3月7日 浅草帝国館 大阪松竹座 10巻)



「大都会爆発篇」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 野田高梧
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 田中絹代 藤野秀夫 武田春郎

(8月13日 浅草帝国館 7巻)



「若者よなぜ泣くか」

監督 牛原虚彦
原作 佐藤紅緑
脚色 村上徳三郎
撮影 水谷丈二郎
出演 鈴木伝明 岡田時彦  藤野秀夫  山本冬郷  山内光 河村黎吉  坂本武  筑波雪子  田中絹代  川崎弘子  吉川満子 飯田蝶子

(11月15日 浅草帝国館 17巻)



昭和5年(1930年)9月松竹退社。
キネマ旬報第379号(昭和5年10月1日) <松竹蒲田通信>によれば、「同映画完成の上は、城戸所長諒解のもとに欧州映画界を視察研究すべく決意し、滞在期間を定めず、渡欧することになったので、この意味から蒲田撮影所に於ける同監督最後の作品となる」とある。

昭和5年(1930年)11月 渡欧。

昭和6年(1931年) 欧州滞在のため作品なし。

昭和7年(1932年) パリからハリウッドへ。米国滞在のため作品なし。

昭和7年(1932年)11月 帰国。

昭和8年(1933年)/日活京都太秦撮影所

「未来花」

監督 牛原虚彦
原作 菊池寛
脚色 村上徳三郎
撮影 三浦光雄
出演 林千歳 滝口新太郎 市川春代 夏川静江 田村道美 中田弘二 井染四郎

(5月4日 浅草富士館17巻)



「大学の歌」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎
撮影 三浦光雄
出演 鈴木伝明 市川春代 広瀬恒美 中田弘二 伊達里子

(9月14日 浅草富士館10巻)



「東京祭」

監督 牛原虚彦
脚色 村上徳三郎
撮影 三浦光雄
出演 夏川静江 山路ふみ子 鈴木伝明 谷幹一 花井蘭子 横山運平

(9月29日 浅草富士館10巻)



昭和9年(1934年)

「心の太陽」(前後編)

監督 牛原虚彦
原作 中村武羅夫
脚色 山崎謙太
撮影 渡辺孝
出演 夏川大二郎 夏川静江 市川春代 鈴木伝明 山本嘉一

(5月10日 浅草富士館 前7巻 後9巻)



昭和9年(1934年)/新興キネマ京都撮影所

「世紀の青空」(サウンド版)

監督 牛原虚彦
原作 野沢純(報知新聞連載1万円懸賞映画小説当選作)
脚色 村上徳三郎 小田喬
撮影 藤井静
出演 高田稔 山県直代 霧立のぼる 浦辺粂子 松本泰輔

(11月15日 浅草電気館 13巻)



昭和10年(1935年)/高田稔プロダクション

「男三十前」

監督 牛原虚彦
原作 正木不如丘
脚色 村上徳三郎 
撮影 藤井静
出演 高田稔 伏見信子

(5月15日 浅草電気館 15巻)



「急行列車」

監督 牛原虚彦
脚色 村上徳三郎 
撮影 藤井静
出演 高田稔 山路ふみ子 藤野秀夫 小宮 一晃 近藤伊与吉

(8月31日 浅草電気館 12巻)



昭和11年(1936年)/高田稔プロダクション

「ふるさとの歌」(前後篇)

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎 
撮影 藤井静
出演 高田稔 霧立のぼる 浦辺粂子 横尾泥海男

(1月10日 浅草電気館 前6巻 後5巻)



「街の艶歌師」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎 
撮影 藤井静
出演 高田稔 マーガレット・ユキ 霧立のぼる 菅井一郎 

(浅草電気館 7巻)



「五々の春」

監督 牛原虚彦
脚色 志村敏夫 
撮影 藤井静
出演 高田稔 河津清三郎 田中春男 霧立のぼる 姫宮接子 

(6月4日 浅草電気館 9巻)



「掏摸の家」

監督 牛原虚彦
脚色 志村敏夫 
撮影 藤井静
出演 高田稔 伏見直江 歌川八重子 春風亭柳橋 浦辺粂子 

(9月1日 浅草電気館 8巻)



「兄の誕生日」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 村上徳三郎  
撮影 藤井静
出演 高田稔 真山くみ子 清水将夫 園江幸子

(10月15日 浅草電気館 9巻)



昭和12年(1937年)/新興キネマ京都撮影所

「南風薩摩歌」(初の時代劇作品)

監督 牛原虚彦
原作 海音寺潮五郎
脚色 八尋不二  
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 山田五十鈴 月田一郎 浅香新八郎 荒木忍

(7月10日 浅草電気館 10巻)



「旗本伝法」(竜の巻)

監督 牛原虚彦
原作 土師清二
脚色 原健一郎  
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 浅香新八郎 鈴木澄子 田村邦男 荒木忍

(11月3日 大阪朝日座 8巻)



「旗本伝法」(虎の巻)

監督 牛原虚彦
原作 土師清二
脚色 原健一郎  
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 浅香新八郎 鈴木澄子 田村邦男 荒木忍

(11月11日 大阪朝日座 10巻)



昭和13年(1938年)/新興キネマ京都撮影所

「叫ぶ野武士」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 八尋不二
撮影 高橋武則
出演 大友柳太郎 国友和歌子 高山広子 甲斐世津子 伴淳三郎 月田一郎 南部彰三

(6月15日 大阪朝日座 9巻)



「怪猫謎の三味線」

監督 牛原虚彦
脚色 波多謙三
撮影 高橋武則
出演 鈴木澄子 歌川絹枝 高山広子 浅香新八郎 森静子 森光子

(11月3日 大阪朝日座 8巻)



漢口作戦記録映画 「一尺の土」 (完成に至らず)
撮影 三木滋人



昭和14年(1939年)/新興キネマ京都撮影所

「山之内一豊の妻」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 八尋不二
撮影 高橋武則
出演 国友和歌子 羅門光三郎 浅香新八郎 雲井八重子

(6月8日 大阪朝日座 8巻)



「長脇差団十郎」

監督 牛原虚彦
原作 川口松太郎
脚色 八尋不二
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 河原崎権十郎 真山くみ子 梅村蓉子

(11月1日 大阪朝日座 8巻)



昭和15年(1940年)/新興キネマ京都撮影所

「旗岡巡査」

監督 牛原虚彦
原作 吉川英治
脚色 依田義賢
撮影 三木滋人
出演 市川右太衛門 高山広子 浅香新八郎 伴淳三郎

(2月28日 大阪朝日座 10巻)



「晴小袖」

監督 牛原虚彦
原作 川口松太郎
構成 溝口健二
脚色 依田義賢
台詞 阿木翁助
美術考証 木村荘八
撮影 吉田清太郎
出演 花柳章太郎 大矢市次郎 柳永二郎 森赫子 梅村蓉子 森静子 他新生新派総出演

(10月15日 大阪朝日座 11巻)



昭和16年(1941年)/新興キネマ京都撮影所

「雲雀は空に」

監督 牛原虚彦
原作 大仏次郎
脚色 八尋不二
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 市川男女之助 高山広子 荒木忍 大川三鈴

(4月29日 新興系 11巻)



「新門辰五郎」

監督 牛原虚彦
原作 真山青果
脚色 八尋不二
撮影 高橋武則
出演 市川右太衛門 河津清三郎 山路ふみ子 梅村蓉子 荒木忍 

(8月14日 新興系 10巻)



昭和17年(1942年)/大映京都撮影所

「維新の曲」 (大映創立記念作品)

監督 牛原虚彦
原作 脚色 八尋不二
撮影 三木滋人
出演 阪東妻三郎 市川右太衛門 片岡千恵蔵 嵐寛寿郎 高山広子 市川春代 琴糸路 戸上城太郎 沢村国太郎

(5月14日 浅草電気館 12巻)



「成吉思汗」

監督 牛原虚彦
原作 脚色 比佐芳武
共同監督 松田定次
撮影 高橋武則 松井鴻
出演 戸上城太郎 滝口新太郎 橘公子 最上米子 浦辺粂子 香川良助 石黒達也 

(昭和18年1月3日封切 31巻)



昭和18年(1943年)/大映京都撮影所

「剣風練兵館」

監督 牛原虚彦
原作 菊池寛 本山荻舟
脚色 波多謙治 毛利喜久男
撮影 高橋武則
出演 阪東妻三郎 月形竜之介 羅門光三郎 阿部九州男 南部彰三 荒木忍 

(昭和19年1月3日封切 10巻)



昭和19年(1944年)

上海にて東洋国際映画大学設立準備

昭和20年(1945年)

終戦処理と監督協会再建、作品準備

昭和21年(1946年)/大映東京多摩川撮影所

「街の人気者」

監督 原作 牛原虚彦
脚色 小国英雄
撮影 相坂操一
出演 宇佐美淳 若原雅夫 相馬千恵子 鈴木美智子 小林桂樹 浦辺粂子  

(3月7日大映系封切)



昭和22年(1947年)/大映東京多摩川撮影所

「いつの日か花咲かん」

監督 牛原虚彦
原作 高木俊朗
脚色 棚田吾郎
撮影 柿田勇
出演 小林桂樹 三条美紀 関千恵子 見明凡太郎 潮万太郎 新宮信子 春木隆 市川喜一

(12月16日大映系封切)



昭和23年(1948年)/大映東京多摩川撮影所

「誰に恋せん」

監督 牛原虚彦
原作 菊池寛
脚色 舘岡謙之助
撮影 柿田勇
出演 高峰三枝子 若原雅夫 竜崎一郎 見明凡太郎 水原洋一




昭和24年(1949年)/大映東京多摩川撮影所

「虹男」(パートカラー)

監督 牛原虚彦
原作 角田喜久雄
脚色 高岡肇
撮影 柿田勇
出演 暁テル子 小林桂樹 若杉須美子 大日方伝 植村謙二郎 見明凡太郎 宮崎準




昭和25年(1950年)/大映退社

昭和26年(1951年)/日本大学藝術学部教授就任




昭和27年(1952年)/大映東京多摩川撮影所

「いついつまでも」

監督 ポール・スローン/共同監督 牛原虚彦
原作 脚色 ポール・スローン
撮影 三村明 長井信一
出演 クリス・ドレイク 木村美津子 高杉早苗 菅井一郎 柳永二郎




昭和38年(1963年)

「東京オリンピックへの道」

制作 松村多郎
監修 牛原虚彦
構成 脚本 鈴木重吉
脚本 厚木たか
音楽 団伊玖磨
アナウンス 北出清五郎
配給 東宝
制作 毎日映画社
受賞歴 文部省選定
企画 オリンピック東京大会組織委員会  東京オリンピック資金財団  毎日新聞社  協賛 明治製菓株式会社

(1963年2月8日公開 白黒 81分 スタンダード)







































スポンサーサイト



プロフィール

牛原 陽彦(うしはら はるひこ)

Author:牛原 陽彦(うしはら はるひこ)
◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

父 牛原陽一(うしはら よういち、Youichi USHIHARA)監督が亡くなって33年、祖父 牛原虚彦(うしはら きよひこ、Kiyohiko USHIHARA)監督が亡くなって25年、多くの情報があふれる中、2人について正しく伝える媒体が少ないのが現状です。

私、牛原陽彦が、祖父、父より引き継いだ資料、書物、当時の新聞などをベースに、2人の仕事、活動を正しく記録すべく、当ブログを開きました。膨大な資料から、作品、活動を振り返ります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR