FC2ブログ

『映画科学研究』復刻版

『映画科学研究』復刻版が発売されます。

昭和初期、当時の最先端を走っていた映画監督・村田実と牛原虚彦監修のもと、1928年から1932年まで、全10号が刊行された、現場人による本格的な映画の「科学的」研究誌。

イェール大学のアーロン・ジェロー教授が解説を書かれています。

個人的に購入するには、かなり高額です。
ぜひお近くの図書館にリクエストをお願いいたします。

http://www.yumani.co.jp/np/isbn/9784843355770?fbclid=IwAR3uHCnMfYOzHCG9W5lAYTAusr_IpIAWq91ZLi8atBT0MiaOJ8hg1hixLCc
69922106_1356055814559877_7015104581457674240_n.jpg

スポンサーサイト



国立映画アーカイブ開館記念 「アリバイ」(日活 1963年)上映されます

牛原陽一監督作品「アリバイ」(日活 1963年)が、国立映画アーカイブで上映されます。

今回は、国立映画アーカイブ開館記念の企画のひとつで、映画美術監督 木村威夫氏の軌跡をたどる企画展に合わせた特集上映、木村氏の生誕100年を記念したもの。

劇場公開された長編作品だけでも240作品以上ある木村氏のフィルモグラフィの中から、当企画では、20作品を選りすぐり上映する。

「ツィゴイネルワイゼン」(シネマ・プラセット 1980年 144分 35mm カラー 鈴木清順監督)、「忍ぶ川」(俳優座=東宝 1972年 120分 35mm 白黒 熊井啓監督)など観たい作品がたくさんありますね!

「アリバイ」(日活 1963年 92分 35mm 白黒 牛原陽一監督)
1963(日活)(美)木村威夫 (監)牛原陽一 (脚)熊井啓 (撮)髙村倉太郎 (音)小杉太一郎
(出)二谷英明、宮口精二、小髙雄二、渡辺美佐子、郷鍈治、鈴木瑞穂、髙品格、庄司永建、松下達夫、下元勉、陶隆、大滝秀治(解)内藤武敏

上映日
・2018年11月10日 11時/長瀬記念ホールOZU
・2018年11月20日 19時/長瀬記念ホールOZU

http://www.nfaj.go.jp/exhibition/kimura201810/?fbclid=IwAR1E9psgSm5SIYXZgyABP3vn2mSCl5M0lgST3izUMWeUxRz6-dGp7v3KijA

日活映画ポスター展開催中/川崎市民ミュージアムにて、2017年6月25日まで

神奈川県川崎市の川崎市民ミュージアムにて、現在、<日活映画ポスター展>が開催されています。
その数およそ80点。
広々とした展示場では、ゆっくりと1点ずつ観ることができます。

川崎市民ミュージアムblog用





同時に開催されている「かわさき日活劇場」では、以下の6作品が上映されます。
上映日程は残りわずか、4月15日(土)、16日(日)のみとなります。

『伊豆の踊子』:監督:西河克己/出演:吉永小百合、高橋英樹ほか/1963年/87分/カラー

『ギターを持った渡り鳥』:監督:斎藤武市/出演:小林旭、浅丘ルリ子ほか/1959年/78分/カラー

『銀座の恋の物語』:監督:藏原惟繕/出演:石原裕次郎、浅丘ルリ子ほか/1962年/93分/カラー

『嵐を呼ぶ男』:監督:井上梅次/出演:石原裕次郎、北原三枝ほか/1957年/100分/カラー

『紅の拳銃』:監督:牛原陽一/出演:赤木圭一郎、笹森礼子ほか/1961年/87分/カラー

『仲間たち』:監督:柳瀬観/出演:浜田光夫、松原智恵子ほか/1964年/93分/カラー

詳しくは川崎市民ミュージアムまで。
https://www.kawasaki-museum.jp/cinema/schedule/

「あの時代(とき)の刑事(デカ) 」

神保町シアターにて「あの時代(とき)の刑事(デカ) 」と題した特集上映が開催されます。
牛原陽一監督作品からは、「邪魔者は消せ」(1960年/日活/赤木圭一郎主演)が、上映されます。

昭和35年 (1960年)/日活/カラー/シネスコ/1時間23分

■監督:牛原陽一■脚本:熊井啓■撮影:姫田眞左久■音楽:小杉太一郎■美術:大鶴泰弘■出演:赤木圭一郎、清水まゆみ、葉山良二、金子信雄、渡辺美佐子、近藤宏

人気絶頂の中で夭折したスター・赤木圭一郎が麻薬Gメンに扮し、危険な潜入捜査に挑むアクションもの。一昨年上映し好評だった『アリバイ』の牛原監督・熊井脚本コンビが描く迫真の犯罪ドラマ。悪女役の渡辺の美しさにも注目したいと紹介されています。

上映スケジュールは下記のとおり。

2月4日(土)15:30
2月5日(日)11:00
2月6日(月)14:15
2月7日(火)19:15
2月8日(水)16:30
2月9日(木)14:15
2月10日(金)12:00

あの時代(とき)の刑事(デカ)神保町シアター特集上映

「アリバイ」(日活/1963)、12月に3回上映、ラピュタ阿佐ヶ谷にて

「アリバイ」、再び。

2016年1月に続き<東京映画地図>が10月16日(日)~12月17日(土)の間、ラピュタ阿佐ヶ谷で開催される。

キネマ旬報に連載された、宮崎祐治さんの人気コラム『東京映画地図』の単行本化を記念した特集上映で今回はその第二弾。
今回もとっておきの“東京映画”が39本も上映される。

12.4(日)~6(火)
13:00 アリバイ(1963年/牛原陽一)○東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品。
昨年秋の神保町シアター以来の上映。
見逃した方には、またとないチャンスです。
なお、現在までのところ、ソフト化されていません。

「アリバイ」
(日活 1963年 モノクロ/92分/シネマスコープ・サイズ/8巻/2518m)

監督:牛原陽一
脚本:熊井啓
撮影:高村倉太郎
音楽:小杉太一郎
美術:木村威夫
協力/警視庁
出演:二谷英明、宮口精二、渡辺美佐子、小高雄二、郷鍈治、鈴木瑞穂、高品格、下元勉ほか。

ロケ地:
【東京都】甲州街道/世田谷区(小住宅街)/立川市(立川基地附近)/渋谷区/新宿区/台東区(上野駅)/大田区(田園調布、羽田空港)/港区(赤坂)/千代田区(大手町)/江東区(深川)/多摩市(聖蹟桜ヶ丘)

【神奈川県】横浜市(横浜駅)

【滋賀県】琵琶湖/大津市(瀬田の唐橋)

【兵庫県】神戸市(三の宮・ガード下附近)

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/tokyo_eigachizu02/
プロフィール

牛原 陽彦(うしはら はるひこ)

Author:牛原 陽彦(うしはら はるひこ)
◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

父 牛原陽一(うしはら よういち、Youichi USHIHARA)監督が亡くなって33年、祖父 牛原虚彦(うしはら きよひこ、Kiyohiko USHIHARA)監督が亡くなって25年、多くの情報があふれる中、2人について正しく伝える媒体が少ないのが現状です。

私、牛原陽彦が、祖父、父より引き継いだ資料、書物、当時の新聞などをベースに、2人の仕事、活動を正しく記録すべく、当ブログを開きました。膨大な資料から、作品、活動を振り返ります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR