FC2ブログ

「大都会 労働篇」(1929年/松竹蒲田)16 m/m版の発見と「NIPPON」

「大都会 労働篇」(1929年/松竹蒲田)

先日、神戸へ行く機会があり、神戸映画資料館の安井喜雄館長にお目にかかることができました。
実は、昨年夏ごろに神戸映画資料館の所蔵フィルムの中から牛原虚彦監督作品「大都会 労働篇」のフィルムが見つかったと聞いていたからです。

安井館長によれば「文化庁の助成金をもらって当方の保管フィルム約15000本 を調査していますが、その調査に参加している羽鳥隆英研究員(現・新潟大学)が最近見つけました」とのことでした。
「大都会 労働篇」は、1929年の松竹蒲田作品。他のほとんどの牛原作品同様「失われたフィルム」のひとつです。
安井館長によれば、「劣化が激しく上映できないポジフィルムです。動く映像としては誰も見ておりません。 題名が出ないので出演者情報から当方の羽鳥隆英研究員が同定しました。全篇 を引き出せないので頭だけを引き出して調べました」。
かつて「海浜の女王」(http://filmpres.org/project/adopt/aaf02/)が“映画の里親プロジェクト”(映画保存協会)のお世話になり、見事に復元されたことを思い出しました。しかし、話しは続きます。

「そのままでは映写機はもちろんのことプリンターにかからないので複製が不可能です。やるとしたら 1コマずつオプチカルプリンターでのコマ撮りです。費用がどのくらいかかるのか調べていませんが、私どもの資金力ではどうにもならない額になると思います。物体としてのフィルムそのものをご覧になりたい場合は神戸映画資料館に置いていますのでお見せはできます」。
覚悟はしていましたが、滅多に出てこない牛原作品は、たとえ出てきても、やはり越えなければいけない山がそびえたつのが常のようです。
いつか「物体としてのフィルムだけでも見ておかねば」と、それから9か月。今回ようやく、ご対面となりました。それが、この写真です。触れればその場で粉のようになってしまうパリパリに乾燥した状態。確かにこのままでは、どうにもなりません。
でも、ともかく「見る」ことができました。

安井館長、ありがとうございました。

さて、では復元にはどれほどの金額が必要なのか・・内容を確認できる状態に戻すまでに40-50万円、映像を本格的に復元する場合、さらに250万円強は掛かるというのがざっくりとしたラボからの見積もり。300万円強は必要とのことでした。
さて、クラウドファンドでも使って・・・とも(安易に)考えたのですが、実はこの「大都会 労働篇」には、ひとつの「なぞ」があります。
この「大都会 労働篇」は1929 年の作品ですが、この映画の一部がオムニバス映画「NIPPON」の製作のため一部抜粋され、使われ、当時パリとベルリンで公開され、それが今でも残っている、というではありませんか。
各方面の専門家の方に、お話しを聞きました。中でも映画保存協会の石原香絵さんからは、多くの情報をいただきました。そして岩本憲児先生からは、この「NIPPON」について記述がある本が出版されるというお話しも聞きました。
「日本映画の海外進出」(森話社/2015年12月/岩本憲児<編>)
日本映画が海外へどのような進出願望を持っていたのか、その歴史的な経緯と個別的な課題に目を向け、再検討する論考、国内外の研究者たちの成果をまとめたもので、このなかでドイツのハロルト・ザーロモン氏が「NIPPON」について、以下のように書かいてます。

(以下引用)
「1932年になると、数年前に輸入された松竹作品のうち3本が選ばれ、改編された。特に文化映画界と関係を持つカール・コッホの主導で行われた改編と共に、元駐日ドイツ大使の娘ラーギ・スルフのナレーション、そして在独の歌手・湯浅初枝の独唱が挿入され、「ニッポン 日本における人間の条件(Nippon:Menschenschicksale in Japan)」という題名の下に、発声映画の三部作として封切られた」
(引用終わり)

ここでいわれる3本とは、小石栄一監督作品「怪盗沙弥磨」(1928年)、星哲六監督作品「篝火」(1928年)そしてこの「大都会 労働篇」です。この3部作改編の少し前の動きとして、松竹は川喜多長政氏とともに映画のヨーロッパへの輸出の道を探り、ついにはベルリン支社を開くまでになっていたという背景がありました。
皮肉なことに牛原虚彦は1930年9月に松竹を退社、その直後にパリへ向かい、1932年いっぱいパリに滞在。はたして、この「NIPPON」をどう見ていたのかは、今や知る術はありません。

さて、この通称「NIPPON」は、では今は、どこにあるのでしょうか。ネットで調べると必ず出てくるハナシとして、シネマテーク・フランセーズが保存しているということ。もうひとつ、「NIPPON」を構成する映画3本のうち1本が、溝口健二監督作品「狂恋の女師匠」だというハナシ(今ではその誤解も解けているようですが)も散見されますが、これは長くなるので割愛します。
この ”神戸版16m/m”は、10数分程度のものです。中に何が写っているのか、今はわかりません。「大発見」なのか、すでに残されている(と言われている)「NIPPON」の一部として使われている映像なのか。
一か八か復元してみるか、もしかしたら未発見映像かもしれないし・・・とはなかなかいきません。お金がありません(笑)。


昨日5月20日は、祖父 牛原虚彦の31回目の命日でした。
これまで、かろうじて全編残っている「若者よなぜ泣くか」、「進軍」については、一昨年までゴールデンウィーク期間中に神保町シアターで開催されていた「松竹の巨匠たち」シリーズなどでスクリーンで観てきましたが、残された映画があまりにも少なく、私にとってはもう「在庫切れ」です。
この「大都会 労働篇」、再びこの映像を観ることができる日がくるのでしょうか? まずはフランスに飛び「NIPPON」を確認することから始めてみようかと考えています。

大都会労働篇神戸BLOG



大都会 労働篇(松竹蒲田/1929)
原作脚色:小田喬 撮影:水谷文二郎
出演:鈴木伝明 藤野秀夫 田中絹代 新井淳 横尾泥海男
(5月18日封切 浅草電気館10巻)
(キネマ旬報ベストテン第9位)

戦前のパリでの出会い。毎日映画コンクールと牛原虚彦。

先月、毎日新聞に下記のような記事が掲載されました。

今年70周年を迎える「毎日映画コンクール」の創立秘話とでも言ったらよいのでしょうか。
はなしは、戦前にまでさかのぼります。
戦前のパリで、若き日の牛原虚彦と毎日新聞パリ特派員時代の、のちの文化部長、永戸俊雄氏の出会いが現在にまで続く「毎日映コン」の始まりであったようです。

毎日新聞WEB版でも、掲載より一定時間を経た記事は、自由に読めるようになっているようです。ぜひご覧ください。

毎日映コン

写真左から第10回功労賞、第20回特別功労賞、第39回特別賞。



「邪魔者は消せ」(ラピュタ阿佐ヶ谷) 堂々たる人生(神保町シアター) 牛原陽一監督作品上映のお知らせ

イラストレーター・宮崎祐治さんのキネマ旬報人気コラム「東京映画地図」とコラボレートした上映企画 ”東京映画”で、牛原陽一監督作品 「邪魔者は消せ」(日活/1960年)が上映されます。

主演は赤木圭一郎さん。この映画の翌年、映画「激流に生きる男」セット撮影中のお昼休み、ゴーカートでの事故により21歳の若さで亡くなってしまったという話は有名。 「紅の拳銃」(牛原陽一監督作品)が、遺作となっている。

上映スケジュール
●1月24日(日)~26日(火)19:10 ~    ●1月27日(水)~30日(土)15:00 ~

 「邪魔者は消せ」 (日活/1960年 カラー/83分)
監督/牛原陽一 脚本/熊井啓 撮影/姫田真佐久 音楽/小杉太一郎
出演/赤木圭一郎、清水まゆみ、葉山良二、渡辺美佐子、金子信雄ほか

http://www.laputa-jp.com/laputa/program/tokyo_eigachizu/sakuhin3.html#22

昨年末、神保町シアターで上映され、大変好評だった(3回の上映がすべて満席)「アリバイ」(日活/1963)と同じく、
監督/牛原陽一 脚本/熊井啓 音楽/小杉太一郎というスタッフの顔ぶれ。

”東京映画”はあの頃の東京の姿をフィルムにおさめた映画を集め、映画のストーリーとともに失われた東京の姿、かろうじて面影を残した東京の姿、観る人それぞれに思いを馳せながら映画を楽しめるという企画。



続いての上映情報は「堂々たる人生」
神保町シアターでは、2015年9月に開催し好評を得た特集企画 「恋する女優 芦川いづみ」 のアンコール企画が行われる。
前回大入りを記録した2作品のアンコール上映プラス、新たに選出した代表作14作品を加えた全16作品が上映され、その中の一作品として「堂々たる人生」が上映される。

また、陽一監督は監督昇進前、田坂具隆監督のもとで助監督をしていたが、その時の作品 「乳母車」(田坂具隆監督作品 日活/1956)も上映される。

上映スケジュール
●1月30日(土)~2月26日(金) 
詳しくはhttp://www.shogakukan.co.jp/jinbocho-theater/program/ashikawa2.html#top

「堂々たる人生」 (日活/1961 カラー/97分)
監督/牛原陽一 原作/源氏鶏太 脚本/池田一朗 撮影/高村倉太郎 音楽/小杉太一郎
出演/石原裕次郎、長門裕之、芦川いづみ、中原早苗ほか

「アリバイ」(日活/1963年 主演/二谷英明)をスクリーンで

牛原陽一監督作品「アリバイ」が、神保町シアターで上映されます。

神保町シアターでは、<音楽から映画を愉しむシリーズ・作曲家・小杉太一郎の仕事>と題して、2015年10月24日(土)から11月20日(金)まで、300本を超える幅広いジャンルの映画作品に楽曲を提供した作曲家・小杉太一郎を特集しています。

その中の一作品が牛原陽一監督作品「アリバイ」です。


アリバイ(1963年)/日活/白黒/シネスコ/1時間32分
■監督:牛原陽一■脚本:熊井啓■撮影:高村倉太郎■美術:木村威夫
■出演:二谷英明、小高雄二、渡辺美佐子、宮口精二、郷鍈治、鈴木瑞穂、高品格、下元勉、武智豊子
(東京国立近代美術館フィルムセンター所蔵作品)

上映予定
10月31日(土)15:30
11月3日(祝・火)11:00
11月5日(木)19:15

スクリーンではなかなかに観ることができない作品のひとつです。

台本には父が鉛筆で書いたキャストを見ることができます。
アリバイ台本Bs
アリバイ台本As



「路上の霊魂」(1921)、「若者よ何故泣くか」(1930) 神保町シアター・松竹120周年企画で上映

若者よなぜ泣くか900


1895年の創業から今年で120年を迎える松竹が、「120周年祭」と題して、「デジタル修復版一挙上映」、「男はつらいよシリーズセレクト上映」、「釣りバカ日誌シリーズセレクト上映」の上映を行う。
期間は、10月10日から10月30日、11月7日から27日。

一方、神保町シアターでは、この「120周年祭」の連動企画として”松竹蒲田の真骨頂”ともいうべきモダンな現代劇のサイレント作品が上映される。

1.
『路上の霊魂』 (松竹キネマ研究所 第一回作品)
大正10年 白黒 総監督:小山内薫 監督:村田實 脚本:牛原虚彦 
出演:小山内薫、東郷是也(鈴木傳明)、英百合子、伊達龍子、澤村春子、村田実、茂原熊彦(牛原虚彦)
*16mm上映
2.
『若者よなぜ泣くか』
昭和5年 白黒 監督:牛原虚彦 
出演:鈴木傳明、岡田時彦、田中絹代、藤野秀夫、川崎弘子
3.
『大学は出たけれど』
昭和4年 白黒 監督:小津安二郎 
出演:高田稔、田中絹代、鈴木歌子、飯田蝶子、大山健二
4.
『落第はしたけれど』
昭和5年 白黒 監督:小津安二郎 
出演:斎藤達雄、田中絹代、月田一郎、笠智衆、二葉かほる
5.
『非常線の女』
昭和8年 白黒 監督:小津安二郎 
出演:田中絹代、岡譲二、水久保澄子、三井秀夫(弘次)、逢初夢子
6.
『君と別れて』
昭和8年 白黒 監督:成瀬巳喜男 
出演:吉川満子、磯野秋雄、水久保澄子、河村黎吉、富士龍子 *16mm上映

上映スケジュールおよびピアノ伴奏・活弁の詳細はこちら

「若者よなぜ泣くか」の前回の上映(2014年5月の神保町シアターでのゴールデンウィーク特別興行「巨匠たちのサイレント映画時代Ⅳ」)は、満席となり、観ることのできなかった人も多かったようです。

チケットは、

※自由席定員制(99席)・整理番号制
※各回完全入替制
※1階チケット売り場にて整理番号付き入場券を販売( 当日分のみ)
※販売開始/土日祝10:00、平日11:00
・・・なので、要注意です!

プロフィール

牛原 陽彦(うしはら はるひこ)

Author:牛原 陽彦(うしはら はるひこ)
◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  ◆  

父 牛原陽一(うしはら よういち、Youichi USHIHARA)監督が亡くなって33年、祖父 牛原虚彦(うしはら きよひこ、Kiyohiko USHIHARA)監督が亡くなって25年、多くの情報があふれる中、2人について正しく伝える媒体が少ないのが現状です。

私、牛原陽彦が、祖父、父より引き継いだ資料、書物、当時の新聞などをベースに、2人の仕事、活動を正しく記録すべく、当ブログを開きました。膨大な資料から、作品、活動を振り返ります

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR